Modern Application Development

Business Value of Cloud Modernization - JP

Issue link: https://read.uberflip.com/i/1476784

Contents of this Issue

Navigation

Page 17 of 18

18 用語の説明 関連する質問 期間 定義 変革に特化したクラ ウド支出の割合 実行 アプリケーションの毎日の運用にかかる時間。企業はこれを、「通常業務」、「業務の継続」、 「IT の持続」と呼びます。 直接収益を増やしたり、新しい会社目標を達成したりはしませんが、 基本的な機能を維持し、適切な品質と料金パフォーマンスで効率を提供します。 成長 アプリケーションの成長 (通常は組織の成長またはプロセスの改善) をサポートするために IT シ ステムの開発と強化にかかる時間。これにより、既存の機能が拡張され、差別化と競争力が提供 されます。 変換 アプリケーションの新しい市場への参入、新しい顧客セグメントへの対応、新しい価値提案の作 成、新しいビジネスモデルの実行を可能にする IT システムの実装にかかる時間。これは、イノ ベーションを目標にした時間です。 アジャイル方式を使 用した、ミッション クリティカルなアプ リケーションの割合 アジャイル 自己組織化/部門の枠を超えたチームとそのエンドユーザーの共同の取り組みを通じて要件やソ リューションが発展する、プロジェクト管理およびソフトウェア開発への反復的なアプローチ。 DevOps オートメー ション DevOps ソフトウェア開発 (Dev) と IT オペレーション (Ops) を組み合わせた一連の手法。システムの 開発ライフサイクル短縮と、ソフトウェアの高い品質を備えた継続的デリバリーを目標とし ています。 基本的なインフラストラクチャ 設定のオートメーション 一部の基本設定は標準化されていますが、まだ分離されており、広く利用可能ではありません。 高度なインフラストラクチャ 設定のオートメーション エラーやその他の不正確さが適切にチェックされる、幅広く共有されたスクリプトを備えた、 より標準的なドキュメント。 テストおよびワークフロー のオートメーション コードは自動的にレポジトリにマージされ、デプロイ前に自動的にテストされます。 デプロイのオートメーション コードの変更は自動的に準備され、事前に決定された本番稼働スケジュールに従ってテスト されます。 フルオートメーション/自己 モニタリングによるイベント 駆動型オートメーション アプリケーションとインフラストラクチャのパフォーマンスは常時モニタリングされます。 事前決定されたイベントコードに基づき、自動化されたプロビジョニング、テスト、修復で 自動的にデプロイされます。 ポータビリティ ポータビリティ さまざまなプラットフォームおよびクラウドプロバイダー間の移行。 IT インフラストラ クチャ支出 インフラストラクチャ IT サービスの開発、テスト、運用、モニタリング、管理、サポートに使用されるバックエンド ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、データセンター、施設、関連機器の集まり。 インフラストラクチャ運用 コスト データセンターやコロケーションの設備、電力、メンテナンスコストなど、一般的に CAPEX に関連するコスト。

Articles in this issue

view archives of Modern Application Development - Business Value of Cloud Modernization - JP