Data campaign

IDC Choosing the right tool for the job - Purpose-built databases from AWS JP

Issue link: https://read.uberflip.com/i/1497730

Contents of this Issue

Navigation

Page 8 of 9

©2023 IDC #US50243223 9 これらの事実を踏まえ、データをクラウドに移行しようとしている企業は、次のことを考慮する必要 がある。 ▪ 企業のデータニーズを分析し、どのような種類のデータベースプラットフォーム構成が必要 かを判断する。 ▪ 幅広い目的別データベース技術が必要な場合、さまざまなベンダーが提供する DBMSを採用 するのと、統合型の運用フレームワークを持つ単一のベンダーを採用するのとでは、コスト と複雑さの面で違いがあることを考慮に入れる。 ▪ 統合型の運用フレームワークを検討するに当たり、あるパブリッククラウドプラットフォー ムプロバイダーに委ねようとする場合、そうしたフレームワークに関してそのクラウドプ ラットフォームプロバイダーを支持することで得られる価値を評価する。 ▪ パブリッククラウドプロバイダーが提供する統合型の運用フレームワークや、提供される DBMSの幅を考えると、AWSの DBMSとそれを支えるプラットフォームは検討候補に挙が るはずである。

Articles in this issue

view archives of Data campaign - IDC Choosing the right tool for the job - Purpose-built databases from AWS JP